• photo
  • word

Natural box

間口が狭く細長い空間を細分化していた2LDKの既存間取りは、日中でも暗く風通しの悪い状態でした。1人での利用を前提としていたため、トイレも含めて最大限間仕切りを作らず、収納を兼ねたシナ合板のボックス家具が部屋の中央で緩やかに個々の場所を作り出しています。ボックス家具のシナ材が生み出す柔らかな木の色合い、ベランダから差し込み奥まで導かれる外光、部屋を通り抜ける風など、室内でありながらも少しでも自然が感じとれる事を目指しています。

【物件データ】
計画地:埼玉県鳩ヶ谷市
主要用途:専用住宅
工事種別:全面改修
床面積:60㎡
施工:伸栄
写真:鳥村鋼一写真事務所

related photo