• photo
  • word

空見の家

地上29階の位置する住戸のリノベーション。強風や遮る建物が無いゆえの直射日光など地上よりも外部環境は過酷であり、機械空調などによりコントロールされた室内空間となりがちです。上下に小障子が可動する「空見障子」を開口部に設置することで、地表面から離れた環境で唯一感じる事ができる、刻一刻と変化する「空の色」を楽しみます。

【物件データ】
計画地:東京都
主要用途:専用住宅
工事種別:全面改修
床面積:110.09㎡
協力:意匠設計/鈴木優子
施工:裕建設
写真:荒木文雄